離婚後にしか出来ない手続きがあります

離婚届を出したら全て終わり?

離婚に役立つ知識を随時お伝えしていきます

協議離婚は離婚届の提出で成立するので、
法律上は離婚届の提出で終わりと言うことが出来ますが、
離婚後の手続きが残るので、本当の意味での終わりとは言えません。

【離婚後の手続き(一例)】

① 年金分割の申請
② 子の氏・戸籍の手続き
③ 児童扶養手当の申請
④ 児童手当の申請
⑤ 保育所の申し込み
⑥ 国民健康保険の加入手続き
⑦ 国民年金の変更手続き
⑧ 運転免許証の変更手続き
⑨ パスポートの変更手続き
⑩ 預金通帳の手続き

お金の手続き(②児童扶養手当と③児童手当)については、
離婚後の生活に影響を与えるので「間に合わない」を避ける為にも、
離婚前から役所に出向いて、手続きの流れや必要書類を確認することが大切です。

併せて、お子様が幼い場合でお仕事をされる場合は、
⑤保育所への入園が欠かせないので、離婚前から準備しておくことが大切です。

最後に⑩預貯金等の名義変更手続きについては、
窓口で「本人確認書類」の提示を求められることが多いので、
先ずは⑧運転免許証の変更手続きから始めることをお勧めしております。
(※ 運転免許証がない場合はパスポートの変更手続きから始めて下さい。)

こういう訳で離婚した後にしか出来ない手続きが多数あるので、
当事務所ではお客様の負担を軽減する為に、手続きリストをお渡ししております。

【関連記事】
離婚条件は細かく決めた方が良い?
スピード離婚の危険性

当事務所では離婚チェックシート(全63項目)の利用に加えて、
ヒアリングを積極的に行い、ご希望に沿った離婚公正証書と離婚協議書を作ります。

又、初回無料相談を実施しているのでお気軽にご利用下さい。 → 無料相談

離婚コラムの記事一覧はこちらをご覧下さい。

【離婚コラム 2016/12/01】