スピード離婚は後悔する可能性が高いです

スピード離婚は後悔する確率が高い

離婚に役立つ情報を発信します

今回はスピード離婚と後悔の関係についてお伝えさせて頂きます。

スピード離婚とは婚姻して直ぐに離婚することではなく、
離婚を決意してから、離婚届を提出するまでの時間が短いということです。

【離婚に至った経緯】

① 性格の不一致
② 姑との関係悪化
③ 借金等のお金の問題
④ 相手の不倫等の裏切り

離婚に至った経緯や原因は各ご夫婦によって異なり、
1つだけではなく、複数の要因が重なるケースも多々あります。

つまり100組のご夫婦がいれば、100通りの原因となります。

【離婚原因によっては】

「1日でも早く離婚をしたい。」
「同じ空気を吸うのも我慢出来ない。」

離婚原因によってはこのような気持ちになることがあり、
「離婚届を早く出してスッキリしたい」と考える方もいらっしゃいます。

特に離婚原因が相手の不倫の場合、このような気持ちになりやすいです。

たしかにこのような気持ちになることは理解出来ますが、
離婚を急ぐことで、離婚条件の話し合いが不十分になる可能性があります。

【離婚条件の話し合いで】

夫「離婚後に細かい話をしよう。」
妻「養育費はいらないから早くサインをして。」

離婚を急ぐあまり、離婚条件の合意をあいまいにすることがあります。

離婚条件については、離婚後の話し合いも可能ですが、
いざ呼びかけると、相手が非協力的で進まないというリスクがあります。
(例 仕事が忙しいと言って、なかなか話し合いに応じない。)

又、養育費の支払期間は長期間になることが多いので、
離婚直後は問題なくても、将来的に困って後悔する可能性があります。
(例 子供の部活活動で遠征費用等が高くて困っている。)

ちなみに養育費は子供の将来のためのお金なので、
自分の気持ちではなく、子供の将来を優先して考えることが大切です。

このようにスピード離婚は後悔する可能性が高いので、
相手に対する負の感情が強くても、冷静に話し合うことが大切です。

これを実現出来れば、将来後悔する可能性を下げることが出来ます。

【関連記事】
協議離婚の特徴を分かりやすく解説
協議離婚の流れを分かりやすく解説
離婚条件を細かく決めるメリット
離婚後に養育費請求するリスク

当事務所では離婚チェックシート(全63項目)を利用すると同時に
ヒアリングを積極的に行い、ご希望に沿った離婚公正証書や離婚協議書を作ります。

又、無料相談も実施しているのでお気軽にご連絡下さい。 → 無料相談

離婚協議書や公正証書作成に役立つコラムの目次もご覧下さい。

【離婚コラム 2016/12/02】