スピード離婚は危険です

スピード離婚の危険性

離婚に役立つ知識を随時お伝えしていきます

今回はスピード離婚の危険性についてお伝えさせて頂きます。

スピード離婚とは婚姻して直ぐに離婚することではなく、
今回は離婚を決意してから離婚届の提出が早いという意味を言います。

【離婚に至った原因】

① 性格の不一致
② 姑との関係の悪化
③ お金(借金等)の問題
④ 相手の不貞行為(不倫)

離婚原因は各ご夫婦によって異なり、
1つだけではなく、複数の原因が重なるケースも多々あります。

つまり100組のご夫婦がいれば100通りの原因となります。

【離婚原因によっては・・・】

「1日も早く離婚したい。」
「同じ空気を吸うのも嫌だ。」

離婚原因によってはこのような気持ちになることもあり、
「離婚届を早く出してスッキリしたい」と考える方もいらっしゃいます。

たしかにこのような気持ちは理解出来ますが、
離婚を急ぐことで、離婚条件の協議を不十分で終える可能性が出てきます。

【離婚の話し合いで・・・】

「細かい部分は離婚してから話そう。」
「養育費は要らないから離婚届にサインして。」

離婚を急ぐあまり、離婚協議の過程でこのような合意をすることがあります。

離婚条件については離婚後の協議も可能ですが、
いざ呼びかけると、相手が非協力的で進まないというリスクがあります。

又、そもそも養育費「お子様の為のお金」なので、
ご自身の気持ちではなく、お子様の将来を優先して考えるようにして下さい。

このようにスピード離婚をするにしても、
後悔しない為にも、冷静に協議を終えてから届を提出することが大切です。

【関連記事】
離婚届を出したら全て終わり?
離婚条件は細かく決めた方が良い?
面会交流は細かく決めた方が良い?
面会交流の書き方(離婚公正証書・協議書)

当事務所では離婚チェックシート(全63項目)の利用に加えて、
ヒアリングを積極的に行い、ご希望に沿った離婚公正証書と離婚協議書を作ります。

又、初回無料相談を実施しているのでお気軽にご利用下さい。 → 無料相談

離婚コラムの記事一覧はこちらをご覧下さい。

【離婚コラム 2016/12/02】