養育費の終期について解説します

養育費はいつまで払ってもらえるのか

離婚に役立つ情報を発信します

協議離婚は夫婦間の話し合いをベースに進めるので、
養育費はいつまで貰えるのかというと、自由に決めることが出来ます。

つまり各ご夫婦によって養育費の終期は変わるので、
極端な話、100組のご夫婦がいれば100通りの答えがあります。

【養育費はいつまで】

① 高校卒業の月まで
② 20歳の誕生日の月まで
③ 4年制大学の卒業の月まで

一般的に①~③のいずれかを選択するご夫婦が多く、
当事務所のご依頼者様の中では、条件付きで②を選ぶ方が多いです。
(例 養育費として毎月3万円を20歳の誕生月まで支払う。)

ちなみに養育費の終期を③4年制大学の卒業の月までと決めた場合で、
離婚協議書や公正証書に書く時は、年代表記にすることが望ましいです。

つまり平成○年3月までといった、具体的な表現にして下さい。
(※ 4年制大学の卒業月という書き方は抽象的な表現になります。)

【子供が幼い場合】

「子供の将来が分かりません。」
「短期大学に進学した場合はどうなりますか?」

例えば、子供が高校生ならば進路の予想は出来ますが、
逆に幼い場合は、このように将来が不透明で終期に悩まれる方が多いです。
(例 英語教師を目指しているから、外国語大学への進学を望んでいる。)

このような悩みを抱えている場合は、養育費の終期だけではなく、
終期を迎えた時点で、以下のような再協議を行う合意をすることをお勧めします。

「高校卒業の時点で進学が決まっているなら終期の再協議をする。」
「20歳の時点で4年制大学に在籍しているなら終期の再協議をする。」

但し、あくまでも再協議が出来るだけなので、
支払延長の可否については、話し合いで決定することになります。

つまり話し合いの結果、延長不可という可能性もあるので、
再協議の合意が出来たとしても、100%安心とは言うことが出来ません。

このように養育費のいつまでという問題で悩んでいる場合、
当事務所では不安を解消する良案があるので、お気軽にご相談下さい。

【関連記事】
養育費の質問集
高校卒業後の養育費
養育費の増額を希望する状況
養育費の減額を希望する状況

当事務所では離婚チェックシート(全63項目)を利用すると同時に
ヒアリングを積極的に行い、ご希望に沿った離婚公正証書や離婚協議書を作ります。

又、無料相談も実施しているのでお気軽にご連絡下さい。 → 無料相談

離婚協議書や公正証書作成に役立つコラムの目次もご覧下さい。

【離婚コラム 2017/01/23】