高校を卒業して以降の養育費

高校卒業した場合の養育費

離婚に役立つ情報を発信します

協議離婚は夫婦間の話し合いをベースに進めるので、
協議の結果、養育費は高校卒業までという合意をすることもあります。

養育費は高校卒業までという合意の他には、
20歳まで、又は4年制大学卒業までといった結論を出すことが多いです。

今回は養育費の終期を高校卒業までとしたケースについてお伝えします。

【高校卒業後の進路】

① 就職をする
② 進学をする

高校卒業後の進路として、就職という道を選んだ場合、
経済的な自立をしているので、合意通り養育費の支払は終了となります。

経済的な自立とは、自分で収入を得ているということです。

一方、4年制大学や専門学校に進学した場合でも、
一旦は合意通り、就職をした時と同じく養育費の支払は終了となります。

ここで問題になるのが、高校卒業後の養育費延長についてです。

【親権者の希望】

「学費が高いから、支払の延長をして欲しい。」
「4年制大学を卒業するまで、養育費を払って欲しい。」

養育費の終期を高校卒業までと合意していたとしても、
子供が進学した場合、親権者がこのように考えるのは当然のことです。

ただ仮に養育費は高校卒業までという合意があっても、
再協議は出来るので、相手に支払延長の話を持ち掛けることは出来ます。

ちなみに養育費の延長の話し合い以外にも、増額や減額の話も出来ます。
(例 子供の部活活動にお金がかかるから、養育費を増やして欲しい。)

但し、相手に養育費の支払延長の話を持ち掛けたとしても、
相手が承諾するとは限らず、むしろ拒否される可能性が高いです。
(注 拒否された場合は、諦める又は調停に進むという選択肢があります。)

「やっと養育費の支払が終わった。」
「これからは趣味にお金を使いたい。」

なぜなら支払者はこのような気持ちになることが多いからです。

このような状況を避けるためには、話し合いの段階で、
養育費の再協議を行わないで済むような合意をすることが大切です。

当事務所ではこの問題を解消する良案があるので、お気軽にご相談下さい。

【関連記事】
養育費の質問集
養育費はいつまでという疑問に回答
養育費の増額を希望する状況
養育費の減額を希望する状況

当事務所では離婚チェックシート(全63項目)を利用すると同時に
ヒアリングを積極的に行い、ご希望に沿った離婚公正証書や離婚協議書を作ります。

又、無料相談も実施しているのでお気軽にご連絡下さい。 → 無料相談

離婚協議書や公正証書作成に役立つコラムの目次もご覧下さい。

【離婚コラム 2017/01/24】