養育費の振込先を検討する

養育費の振込先について

離婚に役立つ情報を発信します

養育費の支払方法を軽視される方がいらっしゃいますが、
始期・終期・支払額と同様に大切な内容なので、詳しくお伝えします。

【養育費の支払方法】

① 手渡し
② 振込送金

養育費の支払方法としては①と②がありますが、
現実的には①手渡しだと問題があるので、②振込送金になります。
(例 残業で支払日に養育費を渡すことが出来ない。)

ちなみにご依頼者様の中で、手渡しを選択された方はいらっしゃいません。

仮に手渡しを選んだ場合は、トラブル防止のためにも、
毎回渡した、受取ったという証拠になる書面を残すようにして下さい。
(例 渡したのに、受取ってないと悪意のあるウソを言われる。)

【養育費の振込先口座】

① 子供名義の通帳
② 親権者名義の通帳

振込送金を選択した場合の振込先口座については、
夫婦間の話し合いで、①又は②のいずれかを選ぶことになります。

「親権者名義に払うのは抵抗がある。」
「子供のためのお金だから、子供名義に払いたい。」

養育費の振込先に関する話し合いの過程では、
このような希望を伝える支払者(主に夫)が多いので、
この場合は支払者の希望通り、子供名義への振込で良いと思います。

なぜなら子供名義であれ親権者名義であれ、養育費には変わらないからです。

ただ子供名義を振込先にした場合、手数料の問題が生じるので、
1人だと子供名義、複数だと親権者名義を選択するケースが多いです。
(※ 子供が複数いても、それぞれの子供名義に振込をしても問題はありません。)

ちなみに慰謝料財産分与は、夫と妻の問題なので、
振込先は子供名義ではなく、親権者名義になるのでご注意下さい。

「毎月、振込の手続きをしてくれるか不安です。」
「夫はいい加減な性格なので、振込日を忘れそうです。」

最近、振込という手続きにこのような不安を感じて、
自動送金という方法を選択する、ご依頼者様も増えてきています。

自動送金とは毎月決まった日に、自動引落(自動振替)が行われるシステムです。

こういう訳で養育費支払の方法については、
手渡し以外の方法で行うことを、当事務所ではお勧めしております。

【関連記事】
養育費の質問集
養育費の踏み倒しというリスク
養育費はいつまでという疑問に回答

当事務所では離婚チェックシート(全63項目)を利用すると同時に
ヒアリングを積極的に行い、ご希望に沿った離婚公正証書や離婚協議書を作ります。

又、無料相談も実施しているのでお気軽にご連絡下さい。 → 無料相談

離婚協議書や公正証書作成に役立つコラムの目次もご覧下さい。

【離婚コラム 2017/01/25】