養育費の振込先は2パターンあります

養育費の振込先

離婚に役立つ知識を随時お伝えしていきます

今回は養育費の支払方法についてお伝えします。

【養育費の支払方法】

① 手渡し
② 振込送金

養育費の支払方法としては①と②がありますが、
現実的には①手渡しだと手間がかかるので、②振込になります。

当事務所のご依頼者様の中で手渡しを選択された方はいらっしゃいません。

仮に手渡しを選んだ場合は、トラブル防止の為にも、
毎回「渡した・受取った」という書面(証拠)を交わすようにして下さい。
(例 渡したのにもらってないと言われる等)

【振込先口座について】

① 子供名義
② 親権者名義

振込送金を選んだ場合の振込先口座については、
夫婦間の協議で①又は②のいずれかを選択することになります。

「子供名義の口座に払いたい。」

離婚条件の話し合いの過程で、
このような希望を出す支払者(主に夫)が多いので、
この場合は希望通り、子供名義への支払いで良いと思います。

ただこのケースでは振込手数料の問題が生じるので、
1人の場合は子供名義、複数の場合は親権者名義への支払いを選ぶ方が多いです。
(※ 複数いてもそれぞれの子供名義に振込んでも問題はありません。)

ちなみに慰謝料財産分与の振込先は、親権者名義の口座となります。

こういう訳で養育費の支払いについては、
当事務所では手渡しではなく、振込送金をお勧めしております。

【関連記事】
養育費の踏み倒し
養育費はいつまで貰える?
高校卒業後の養育費
養育費と学資保険の関係
子供名義の預貯金って財産分与の対象?
学資保険って財産分与の対象?

当事務所では離婚チェックシート(全63項目)の利用に加えて、
ヒアリングを積極的に行い、ご希望に沿った離婚公正証書と離婚協議書を作ります。

又、初回無料相談を実施しているのでお気軽にご利用下さい。 → 無料相談

離婚コラムの記事一覧はこちらをご覧下さい。

【離婚コラム 2017/01/25】