養育費の支払率の向上について

養育費の支払率の向上について

離婚に役立つ情報を発信します

養育費の支払を確実に守らせる方法はありませんが、
支払率を100%に近づける方法はあるので、詳しくお伝えさせて頂きます。

【支払率を上げる方法】

① 真剣な話し合い
② 離婚公正証書を作成する

協議離婚は夫婦間の話し合いをベースに進めるので、
各ご夫婦によって、話し合いの質に差が生じるのは当然のことです。
(例 早く離婚したいから、なんとなく離婚条件の合意をした。)

質が高いということは、①真剣な話し合いと言えるので、
合意した約束は守ろうという、双方の意識が高まることに繋がります。

この意識の有無は、養育費の支払率に大きな影響を与えます。

ちなみに離婚条件の合意を口約束で終えた場合、
この意識が希薄になりやすいので、支払率も低下することが多いです。

Q「どうすれば質の高い話し合いが出来ますか?」

質を高めるには、深い話し合いを行う必要があるので、
話し合いの前に離婚情報を集め、自分の希望をまとめることが大切です。
(例 養育費は毎月5万円 末払い ボーナス月は+3万円 進学費用の負担。)

離婚情報は行政書士やインターネット等から集めることが出来ますが、
インターネットの情報は間違いもあるので、取捨選択を行うことが大切です。

準備をせず話し合いに臨んだ場合、不十分な合意で終えることが多いです。

次に話し合いの結果、約束した養育費の内容を
離婚公正証書という書類に残せば、支払率の上昇が期待出来ます。

離婚公正証書は公証役場でしか作ることが出来ず、
簡単に作ることは出来ませんが、強制執行という強い効力があるので、
仮に相手が養育費の支払を滞らせた場合、給与等を差押えることが出来ます。

「強制執行はされたくない。」
「給与の差押えを受けたら、会社にバレる。」

更に強制執行という効力を得られることによって、
支払者に対して、このような心理的プレッシャーを与えることが出来ます。

ちなみに慰謝料財産分与の合意でも、強制執行の対象になります。

こういう訳で①と②を実践することで、養育費の支払率を上げることが出来ます。

【関連記事】
養育費の質問集
離婚公正証書の質問集
離婚条件を細かく決めるメリット
離婚公正証書原案の作り方
養育費と離婚公正証書の関係
行政書士に離婚相談をする長所と短所

当事務所では離婚チェックシート(全63項目)を利用すると同時に
ヒアリングを積極的に行い、ご希望に沿った離婚公正証書や離婚協議書を作ります。

又、無料相談も実施しているのでお気軽にご連絡下さい。 → 無料相談

離婚協議書や公正証書作成に役立つコラムの目次もご覧下さい。

【離婚コラム 2017/01/31】