離婚協議書と公正証書の共通点を理解する

離婚協議書と公正証書の共通点

離婚に役立つ知識を随時お伝えしていきます

【合意した条件の終え方】

① 口約束で終える
② 離婚協議書を作る
③ 離婚公正証書を作る

協議離婚では養育費等の協議を夫婦間で行いますが、
合意した内容については、①~③の方法で終えることが出来ます。

どの方法を選ぶかは、各ご夫婦の自由な意思で決定出来ます。

今回は②離婚協議書と③離婚公正証書の共通点について解説させて頂きます。

【共通点】

◇ 書面に残る
◇ 証拠として利用出来る
◇ 内容はほとんど同じ

離婚協議書と公正証書は合意した内容が書面に残るので、
離婚後のトラブルを未然に防ぐという、証拠として利用することが出来ます。

妻「養育費5万円の約束でしょ。」
夫「いやいや、3万円の約束でしょ。」

離婚後、このようなトラブルが起きた場合、
口約束だと揉めますが、書面があれば一方の嘘がすぐにバレます。

そもそも相手に悪意がない限り嘘はつかないので、
書面(証拠)があれば、このようなトラブル自体起きないように出来ます。

書面に残すことを嫌がる支払者(主に夫)が多いですが、
「嘘をつけない」という証拠力については、お互いにメリットがあると言えます。

【どちらを作るか悩む】

「どちらを作れば良いか悩んでいます・・・」
「離婚協議書の作成中に公正証書への切替も出来ます。」

次に離婚協議書や公正証書に書く内容は、夫婦間の合意事項なので、
どちらを作るにせよ、内容(文面)は一部文言を除いてほとんど一致します。

ご依頼の段階でこのような相談を受けた場合は、
文面の違いは少ないので「切替も出来る」という話をお伝えしています。

【当事務所報酬】

A 離婚協議書 4万円
B 離婚公正証書 5万円

ちなみに切替をされた場合の報酬ですが、
9万円(A+B)ではなく、5万円(差額の1万円を上乗せ)なのでご安心下さい。
(料金案内についてはこちらをご覧下さい。)

離婚協議書と公正証書の共通点がある一方、
当然に違い(作成方法や効力)もあるので、次回以降にお伝えさせて頂きます。

【関連記事】
離婚協議書と公正証書の違い(作成方法編)
離婚協議書と公正証書の違い(効力編)
離婚公正証書があれば絶対に安心?
離婚条件は細かく決めた方が良い?
年内に離婚公正証書を完成させたい

当事務所では離婚チェックシート(全63項目)の利用に加えて、
ヒアリングを積極的に行い、ご希望に沿った離婚公正証書と離婚協議書を作ります。

又、初回無料相談を実施しているのでお気軽にご利用下さい。 → 無料相談

離婚コラムの記事一覧はこちらをご覧下さい。

【離婚コラム 2016/11/04】