離婚協議書や公正証書には共通点が多いです

離婚協議書と公正証書の類似点

離婚に役立つ情報を発信します

協議離婚は夫婦間の話し合いをベースに進めますが、
最終的に合意した内容については、各ご夫婦によって終え方が変わります。

【合意した条件の終え方】

① 口約束で終える
② 離婚協議書を作る
③ 離婚公正証書を作る

各ご夫婦の自由な意思で、①~③の中から離婚協議の終え方を選択出来ます。

どの選択肢についてもメリットとデメリットはありますが、
今回は離婚協議書と離婚公正証書の共通点についてお伝えさせて頂きます。

【離婚協議書と公正証書の共通点】

◇ 合意した条件が書面に残る
◇ トラブルが起きた時に証拠となる
◇ 内容や文面はほとんど一致する

離婚協議書公正証書は合意した条件が書面に残るので、
離婚後のトラブルを未然に防ぐという、証拠として利用することが出来ます。

夫「養育費は毎月3万円の約束。」
妻「違います。5万円で合意しました。」

離婚後、このような支払額のトラブルが起きた場合、
口約束だと揉めますが、書面があれば一方のウソが直ぐにバレます。

そもそも相手に悪意がない限りウソをつくことはないので、
書面(証拠)があれば、このようなトラブル自体起きることはありません。

離婚協議書や公正証書の作成を嫌がる支払者(主に夫)は多いですが、
「ウソをつけない」という証拠力については、双方にメリットがあると言えます。

離婚協議書や公正証書を作る場合、このメリットを支払者に伝えることが大切です。

【どちらを作るか悩む】

Q「どちらを作れば良いか悩んでいます。」
A「離婚協議書の作成中に公正証書への切替も出来ます。」

次に離婚協議書や公正証書に書く内容は夫婦間の合意事項なので、
どちらを作るにしても、内容や文面は一部文言を除いてほとんど一致します。

具体的には前文と強制執行認諾文言の文例について変更点が生じるだけです。

仮に当事務所にご依頼を頂いて、このような相談を受けた場合は、
文面の違いは少ないので、いつでも切替は出来るという話をお伝えしています。

こういう訳で離婚協議書と公正証書の共通点は非常に多いです。

但し、離婚協議書と公正証書に共通点がある一方、
当然に作り方や効力の違いもあるので、次回以降に詳しくお伝えさせて頂きます。

【関連記事】
離婚協議書の質問集
離婚公正証書の質問集
離婚協議書と公正証書の作り方の違い
離婚協議書と公正証書の効力の違い

当事務所では離婚チェックシート(全63項目)を利用すると同時に
ヒアリングを積極的に行い、ご希望に沿った離婚公正証書や離婚協議書を作ります。

又、無料相談も実施しているのでお気軽にご連絡下さい。 → 無料相談

離婚協議書や公正証書作成に役立つコラムの目次もご覧下さい。

【離婚コラム 2016/11/04】