離婚チェックリストの使い方を解説

離婚チェックリストの使い方

離婚に役立つ知識を随時お伝えしていきます

当事務所では離婚公正証書や離婚協議書作成のご依頼を頂いたら、
オリジナルの離婚チェックリストのご記入からお願いしております。

今回はこのチェックリストの使い方についてお伝えさせて頂きます。

【チェックリストの使い方(3パターン)】

① 気持ちを言葉で伝えるのが苦手
② お互いが冷静に話し合いの出来る環境
③ 最終確認としての利用

協議離婚は夫婦間の話し合いをベースに進めるので、
離婚条件の協議については、ご自身の口で相手に伝える必要があります。

ただ①気持ちや希望を言葉で伝えるのが苦手だという方もいらっしゃいます。

このような場合は、離婚チェックリストに1人で回答して、
希望を詰めた1回目の原案を作り、それを見せて協議を進めることが出来ます。

但し、希望が100%通るケースは少ないので、
協議の過程で修正や削除等、内容変更が起きる可能性が高いです。

次に②冷静に協議が出来る環境の場合は、
2人で見ながらチェックシートに回答することが出来ます。
(例 これは○だな、これは×だな等)

この方法だと原案の修正回数が減るので、
協議離婚の成立時期が早くなるというメリットが考えられます。

最後に離婚公正証書や離婚協議書はご夫婦でも作ることが出来ますが、
書き漏れを心配している場合は、③最終確認として利用することが出来ます。
(注 離婚公正証書は公証役場で作られるので、ご夫婦は原案までの作成です。)

こういう訳で当事務所オリジナルの離婚チェックリストは、
各ご夫婦の性格や状況に併せて、様々な使い方が出来るようになっております。

【関連記事】
離婚チェックリストの内容
離婚協議書と公正証書の違い(作成方法編)
離婚協議書と公正証書の違い(効力編)

当事務所では離婚チェックシート(全63項目)の利用に加えて、
ヒアリングを積極的に行い、ご希望に沿った離婚公正証書と離婚協議書を作ります。

又、初回無料相談を実施しているのでお気軽にご利用下さい。 → 無料相談

離婚コラムの記事一覧はこちらをご覧下さい。

【離婚コラム 2017/03/08】