離婚チェックシートがあれば効率良く離婚協議が進む

離婚チェックシートとは

離婚チェックシートを使えば離婚成立が早まる

【目次】

● 離婚チェックシートとは
● 離婚チェックシートの使い方
● ご依頼者様の声

離婚協議書や離婚公正証書作成のご依頼を頂いた場合、
『オリジナルの離婚チェックシート』をお渡しすることから始めています。
(注 離婚チェックシートのみの販売は行っていません。)

【離婚チェックシートの内容】

◇ 全13ページ63項目の質問を掲載
◇ 離婚情報や知識を集める必要はありません

離婚チェックシートに掲載されている内容は、
離婚協議書や離婚公正証書を作るために必要な離婚条件の情報です。

具体的には養育費、面会交流、慰謝料、財産分与、年金分割などの情報です。

離婚チェックシートは『分かりやすさ』を意識して作っているので、
↓の例1から例3のように○×方式を多く採用し、シンプルな構成にしています。
(注 一部○×方式ではなく手書きをお願いしている質問もあります。)

例1「養育費は一定額ではなく加齢加算にしますか?」
例2「面会交流の条件に中傷表現禁止事項を入れますか?」
例3「不貞行為に対する慰謝料の支払方法は?(選択肢は2つ)」

これまでの経験をベースに何度も改訂(改良)しているので、
離婚協議書や離婚公正証書を作るために必要な情報を全て網羅しています。
(※ 過去5年間の相談実績は1046件あります。)

つまり離婚の情報や知識を集める(蓄える)時間を省略出来るので、
離婚協議書や離婚公正証書の完成、離婚届の提出時期を早めることが可能です。

当事務所には20代、30代のご依頼者様が多いので、
離婚チェックシートには養育費と面会交流に関する質問が多く掲載されています。

養育費は14個、面会交流は13個掲載されています。

【効率の悪い話し合いを回避】

妻「養育費は加齢加算という条件にしたい。」
夫「昨日養育費の合意をしたのにまた話し合いをするの?」

協議離婚は夫婦間の話し合いをベースに進めるので、
離婚条件の新情報を得るたびに再協議という二度手間が起きやすいです。

上記例では妻からの提案ですが、夫から提案を持ちかけるケースもあります。

再協議という二度手間は効率の悪い話し合いと言えます。
効率が悪いと精神的、肉体的にも負担がかかることになります。

この効率の悪い話し合いは離婚チェックシートを使えば回避出来ます。

妻「質問⑫養育費の加齢加算はどうする?」
夫「×にして欲しい。その代わり質問⑬は○でいいよ。」

離婚チェックシートがあればこのような使い方が出来るので、
再協議という二度手間が起きる可能性は低く、効率の良い話し合いを期待出来ます。

【離婚チェックシート回答後の流れ】

① 離婚チェックシートに回答
② 回答内容についてヒアリングを実施
③ 離婚協議書又は離婚公正証書の1回目原案完成

先ず『原案』とは回答した条件を整理して書面化したものです。
原案のイメージが湧かない方はこちらの文例と書き方をご覧下さい。

離婚チェックシートの回答内容についてヒアリングを行った後、
1回目の原案を作成し、夫婦が納得する(最終合意)まで何度でも作り直します。

Q「原案を作り直す回数を知りたいです。」

各夫婦の状況や離婚条件の種類(数)にも左右されるので、
1回目で終える方もいれば、10回目まで作り直す方もいらっしゃいます。
当事務所では原案を何度作り直しても、追加料金を頂くことはございません。

こういう訳で離婚チェックシートの役割は大きいので、
離婚協議書や離婚公正証書の作成を考えている場合はお気軽にご相談下さい。

仕切り線1

離婚チェックシートの使い方

離婚チェックシートの使い方は3つ

離婚時の状況や自分の性格に応じて、柔軟な使い方が出来ます。
↓の①~③の内、どれが正解ということはないので良く考えて決めて下さい。

【状況や性格とは】

① 言葉で条件を伝えるのが苦手な方
② 冷静な話し合いが出来る環境にいる方
③ 離婚後に後悔しないために最終確認したい方

協議離婚は夫婦間の話し合いをベースに進めるので、
自分で配偶者に希望する離婚条件を伝える必要があります。
(例 養育費は4万円を希望する。面会交流は月1回の実施を希望する。)

ただ自分の気持ちや希望する離婚条件について、
頭の中でまとめて、①配偶者に言葉で伝えるのが苦手な方もいます。

このケースでは離婚チェックシートの回答を1人で行い、
自分の希望を詰めた1回目原案を作り、↓のように進めることが出来ます。

妻「私の希望は原案に書いてるから読んで欲しい。」
夫「原案を叩き台にするんだね。よく読んでから返事をするよ。」

ただ1回目原案の内容が100%通る可能性は低いので、
離婚協議の過程で修正や削除といった、原案の内容変更が起きやすいです。
(例 養育費4万円はいいけど、面会交流は月2回に変えて欲しい。)

この①の方法で進めた場合、原案を作り直す回数が増える傾向にあります。
つまり離婚届の提出を急いでいる方にとっては、お勧め出来ない使い方と言えます。

次に②冷静な話し合いが出来る環境にいるケースでは
↓のように2人で離婚チェックシートを見ながら回答していきます。

妻「面会交流は質問②でいいかな?」
夫「それでいいよ。次に⑤は×で⑥と⑧は○でいいかな?」

このケースでは夫婦の希望が反映された1回目原案が出来るので、
原案の内容で揉める可能性は低く、離婚協議書や離婚公正証書の完成が早いです。

この②の方法で進めた場合、原案を作り直す回数は減る傾向にあります。
つまり①とは違い、離婚届の提出を急いでいる方にとってお勧め出来る使い方です。

最後に夫婦(自分達)で離婚協議書や離婚公正証書原案を作ったケースで、
書き漏れなどの心配がある場合、離婚チェックシートを③最終確認として使えます。

このケースでは夫婦が作った書面の『内容の質』がポイントになり、
↓のように質が低ければ、ゼロベースから見直す(やり直す)可能性も出てきます。
(注 質が高い場合は小さな修正で終えることが出来ます。)

妻「養育費だけで14個も条件があるって知らなかった。」
夫「これはもう一度話し合った方がお互いにとって良い気がする。」

この③の方法で進めた場合、原案を作り直す回数は分かりません。
上述の通り、内容の質が高ければ減る、質が悪ければ増える傾向にあります。

こういう訳で当事務所オリジナルの離婚チェックシートは、
夫婦の状況や自分の性格に合わせて、色々な使い方が出来るようになっています。

Q「もう少し離婚チェックシートの内容を知りたいです。」

無料相談でも詳しくお伝え出来ますが、↓のサイトもご覧下さい。
特に離婚チェックシートの使い方(①~③)はこのページより詳しく解説しています。

離婚公正証書や離婚協議書をチェックシートを使って作成 ← 当事務所が運営
ご依頼者様からの評価が高い為、チェックシートに特化したサイトを用意しました。

仕切り線1

ご依頼者様の声

離婚チェックシートを使って離婚公正証書を完成させて岡山県の女性

岡山県 女性 離婚公正証書

私の場合は、0歳の子の育児の疲れと離婚協議のストレスで
頭が回らない状態でしたが、
電話では、大変わかりやすく穏やかに説明して下さり、
その内容を毎回メールで送って下さったので、助かりました。
また、夫が養育費を払いたくない様子で協議が長引いていましたが、
先生の的確なアドバイスのお陰で、
養育費を含めた協議書の内容を決める事ができました。

辻先生のように、親身になって相談にのって下さる方でなかったら、
話もまとまっていなかったかもと思うと
辻先生を選んで本当に良かったという気持ちで一杯です。
味方になって下さり、とても心強かったです。

公正証書が出来た時、先生が、
『子供さんの手続きなど別れてからが大変だと思いますが、頑張って下さい。
わからないことがあれば、いつでも連絡を下さい』
と言って下さったのが本当に嬉しく、心に残っています。

他にご協力頂けたご依頼者様の声はこちらからご覧下さい。