離婚協議書と離婚公正証書の作成費用を解説

離婚協議書と離婚公正証書の費用

追加費用の請求はありません

【目次】

● 離婚協議書と離婚公正証書の費用
● 公証役場に支払う手数料とは
● 無料相談のお問合せとアクセス

当事務所の作成費用(報酬)は固定料金となっており、
どのような状況であっても、追加で頂くことは一切ないのでご安心下さい。
(注 離婚公正証書を作る場合、別途公証役場に払う手数料が必要です。)

【作成費用について】

◇ 離婚協議書作成 税込4万円
◇ 離婚公正証書の代理作成 税込5万円

※ 離婚公正証書の代理作成では、
  報酬5万円とは別に代理人手数料を頂くことはございません。

※ 離婚協議書は公証役場の関与を受けないので、
  当事務所が責任を持って完成(製本)させることをお約束します。

※ 報酬については分割払いも対応しております。
  ご依頼者様に毎月の支払額と支払回数を決めて頂きます。

※ 離婚公正証書を作る場合、別途公証役場に提出する
  証明書代(平均2千円)と公証役場手数料(平均2~3万円)が必要です。

※ 証明書とは印鑑証明書、住民票、戸籍謄本などです。

※ 自分(夫婦)で作る時も証明書と公証役場手数料はかかります。

【公正証書の作成依頼の注意点】

A 原案の完成で終了
B 原案の完成後に代理作成で終了

先ず離婚公正証書の原案とは合意した離婚条件をまとめたものです。

離婚公正証書を作る場合、行政書士によって作成方法が異なるので、
報酬の金額だけで判断するのではなく、AとBどちらに該当するかご確認下さい。

Aは原案の作成で終了となるので、Bより安くなりますが、
公証役場への提出や作成日の署名と押印は夫婦で行うことになります。
(注 公証役場へは最低2回(原案提出と作成日)出向く必要があります。)

Bは原案の作成に加えて、提出や作成日の署名と押印も代わりに行います。
(※ ご依頼者様は1度も公証役場へ出向く必要はありません。)

当事務所ではAとB、どちらの方法でも対応しております。
Aは原案の完成で終了となるので、作成費用は税込4万円となっております。

仕切り線1

公証役場に支払う手数料とは

公証役場手数料の計算方法

公証役場手数料=書面料金など+目的価額

離婚公正証書は原本、正本、謄本、計3部作ることになり、
原本は役場保管、正本は債権者用(主に妻)、謄本は債務者用(主に夫)となります。

この正本や謄本を作るために係る費用が書面料金などに該当し、
文字数(枚数)に左右され、8千円程度(送達料金含む)になるご依頼者様が多いです。

送達料金とは公正証書謄本を債務者に郵送する料金などです。

【目的価額】

100万円まで5,000円     200万円まで7,000円
500万円まで11,000円  1000万円まで17,000円 
3000万円まで23,000円 5000万円まで29,000円

目的価額は夫婦が合意した離婚条件の金額の合計から算出されます。
養育費の合計が180万円だと7,000円、600万円だと17,000円です。

(例1)
養育費が月2万円の場合は、2万円×10年間で240万円
目的価額は500万円までに該当するので、11,000円となります。
(※ 養育費は10年間の合計額で計算することが多いです。)

(例2)
養育費が月5万円の場合は、5万円×10年間で600万円
目的価額は1000万円までに該当するので、17,000円(1)となります。

加えて財産分与で300万円の合意がある場合は、
目的価額は500万円までに該当するので、11,000円(2)となります。

公証役場に支払う目的価額は(1)+(2)となるので、計28,000円となります。
(※ 養育費と財産分与の目的価額は別々に算出されます。)

(例3)
慰謝料150万円と財産分与150万円の合意がある場合は、
目的価額は500万円までに該当するので、11,000円となります。
(※ 慰謝料と財産分与の価額は、合計で算出(300万円)されます。)

公証役場手数料の計算方法が分からないという方はお気軽にご相談下さい。

仕切り線1

無料相談のお問合せとアクセス

無料相談の時間は無制限

営業時間 平日10:00~17:00
(※ 事前予約制ですが、土日祝と夜間帯も対応しております。)

電話からのお問合せ 072-871-9922/090-8886-9922

メールからのお問合せ こちらをクリックして下さい。(24時間受付)

原則メール受信後24時間以内に返信させて頂きますが、
48時間経過しても返信がない場合はお電話にてお問合せ下さい。
何かトラブル(PCメールの受信拒否など)があり返信出来ない可能性があります。

無料相談後、営業行為(電話やDM)を行わないのでご安心下さい。
大阪府内に限り、出張無料相談も行っているのでお気軽にお伝え下さい。

事務所所在地 大阪府大東市寺川5丁目18-73

JR学研都市線(片町線)の『住道駅』を下車後、
近鉄バス『生駒登山口』行きに乗車し、停留所『寺川東』から徒歩3分。
又は『瓢箪山駅前』行きに乗車し、停留所『産業大学前』から徒歩10分。

お車でお越しの場合、事務所近くにコインパーキングがございます。
『三井のリパーク大東寺川5丁目』又は『タイムズ阪奈道路』です。
(注 駐車料金はご依頼者様のご負担でお願い致します。)