養育費を踏み倒される

養育費の踏み倒し

離婚に役立つ知識を随時お伝えしていきます

離婚を考えた時点で抱える様々な不安の中でも、
養育費を最後(終期)まで払ってくれるかと考えるご依頼者様が多いです。

現在、養育費の支払いを100%確保する方法はないので、
言葉は悪いですが、支払期間中に踏み倒される可能性もあります。

但し、踏み倒しというリスクに備えることは出来るので、
当事務所では離婚公正証書の作成を通じて、不安解消のサポートを行っています。

【養育費の合意方法】

① 口約束で終える
② 離婚公正証書に残す

養育費の約束を口約束で終えて踏み倒された場合、
直ぐに出来る行動は、相手に支払いを求めることしか出来ません。
(例 電話をかけて支払いの催促を行う等)

ただ支払いを求めて払ってくれるのであれば、
始めから踏み倒す可能性は低いので、回収出来る可能性は低いです。

こういう訳で口約束で終えるということは、
養育費の支払率が低くなる(踏み倒される)ことに繋がるということが分かります。

次に養育費の約束を離婚公正証書に残して踏み倒された場合、
強制執行の手続きを行えば、養育費の支払いを確保することが出来ます。
(※ 強制執行=給与等を差押えることを言います。)

「離婚公正証書があれば100%安心ですよね?」

但し、強制執行(差押え)する財産がなければ、
現実的には支払いの確保が出来ないので、100%安心とは言えません。
(例 無職で預貯金や不動産等の財産がない)

こういう訳で100%安心とは断言出来ませんが、
離婚公正証書を作ることで養育費の支払率を上げることが出来ます。

ちなみに離婚公正証書を作れない場合には、
効力は劣りますが、離婚協議書という書面を作る方法もあります。

【関連記事】
養育費はいつまで貰える?
高校卒業後の養育費
養育費の振込先
養育費と学資保険の関係
年内に離婚公正証書を作りたい
離婚条件は細かく決めた方が良い?

当事務所では離婚チェックシート(全63項目)の利用に加えて、
ヒアリングを積極的に行い、ご希望に沿った離婚公正証書と離婚協議書を作ります。

又、初回無料相談を実施しているのでお気軽にご利用下さい。 → 無料相談

離婚コラムの記事一覧はこちらをご覧下さい。

【離婚コラム 2017/01/21】