離婚の問題や疑問を解決するコラム

財産分与で不動産の名義変更を行うケース

協議離婚に役立つ情報を発信

不動産の財産分与ではいくつかの解決策がありますが、
今回は夫名義の不動産を妻に移すと(名義変更)いう選択肢について解説します。
(※ 妻名義の不動産を夫に移す場合も同じ扱いとなります。)

不動産とは家やマンションを言います。
ちなみに相続で得た不動産は財産分与の対象にならないのでご注意下さい。

【名義変更の流れ】

① 夫と妻が名義変更に合意
② 離婚届を提出
③ 移転登記の申請を行う

婚姻期間が長い場合、離婚後の生活拠点を考慮して、
不動産を売却せず、夫から妻へ名義変更をするケースがよくあります。

特に妻が専業主婦だった場合、名義変更を選ぶことが多いです。
(例 離婚後、賃貸への引越しを避けるためにこのまま家に住み続けたい。)

先ず財産分与で夫名義の不動産を妻に移すための条件として、
住宅ローンを完済している必要があり、返済中の夫婦には難しい選択肢です。
(注 債権者である銀行に内緒で名義変更をするのは危険な行為です。)

仮に住宅ローンを返済中に名義変更をしたい場合は、
銀行に相談をしてから、結論(ローンの借換など)を出すようにして下さい。
(注 妻に収入がない限り、住宅ローンの借換は難しいです。)

過去ローンの借換が出来たご依頼者様は少ないです。
(※ 当事務所では離婚協議書、離婚公正証書を作成しております。)

つまり財産分与に伴う不動産の名義変更という解決策は、
原則、住宅ローンを完済している夫婦しか利用出来ないものとなります。

そして財産分与に伴う不動産の名義変更については、
『離婚後に申請』をするので、離婚前から必要書類の準備をして下さい。

Q「不動産の名義変更は自分で出来ますか?」

離婚後、自分で名義変更をすることは出来ますが、
難易度を考えると、専門家である司法書士へ依頼することをお勧めします。

過去自分で名義変更をしたご依頼者様はごく僅かです。

当事務所では名義変更に関する手続きは出来ないのでご注意下さい。
(※ 行政書士は名義変更の手続きを出来ません。)

こういう訳で夫名義の不動産を妻に移すという財産分与は、
不動産を売却するという解決策と同じく、揉める可能性は低いと言えます。

ちなみに不動産の財産分与で揉める可能性が高い解決策については、
↓にある関連ページ『離婚の財産分与と住宅ローンの関係』をご覧下さい。
(終わり)

離婚の疑問を解決するコラムの目次はこちらにあります。
現在60本のコラムがあり数分で読めるので、是非ご覧下さい。

【関連ページ】
協議離婚の進め方と成立期間や条件
離婚の財産分与と住宅ローンの関係

離婚協議書や離婚公正証書の詳細はこちらを見て頂ければ、理解が深まります。

当事務所では離婚チェックシート(全63項目)を利用すると同時に、
十分なヒアリングを通して、離婚協議書や離婚公正証書を作成しております。
又、無料相談も実施しているのでお気軽にご利用下さい。