離婚の問題や疑問を解決するコラム

公証役場と離婚の関係について

協議離婚に役立つ情報を発信

公証役場と離婚の関係に関してご依頼者様から頂くご質問について回答します。

質問1「公証役場は何が出来ますか?」

離婚する(した)夫婦が合意した離婚の条件について、
書面化(離婚公正証書)してくれる場所を公証役場となります。

離婚公正証書は離婚前に作ることが望ましいですが、
元夫婦が作成に同意した場合は、離婚後に作ることも可能です。

尚、公証役場では離婚公正証書だけではなく遺言などの書面も作れます。

質問2「公証役場はどこにありますか?」

公証役場は全国各地にあります。
インターネットで『公証役場 地域名』で検索すればヒットします。

ちなみに離婚公正証書作成に住所地管轄はありませんが、
離婚後に問題が生じた場合を考えて、最寄の公証役場で作ることをお勧めします。
(例 大阪市に住んでいるけど、枚方市の公証役場で作成する。)

何事にも言えますが、近くで作る方がメリットは多いです。

但し、離婚公正証書の代理作成を利用する場合は遠距離になりやすいので、
代理で作るメリットとデメリットを比較検討した上で、どうするか決めて下さい。
(※ 当事務所では離婚公正証書の代理作成に対応しています。)

質問3「公証役場に行く時は予約するべきですか?」

離婚公正証書は公証役場にいる公証人が作ります。
公証人が出張していることもあるので、予約してから行くべきです。

ちなみに予約が詰まっている場合、対応してもらえない可能性があります。

質問4「離婚公正証書はどのような流れで作れますか?」

先ずは夫婦間で養育費など離婚条件の合意をしている必要があります。
(例 養育費は毎月4万円で高校卒業の月まで支払う。)

次に公証人に合意した離婚条件のチェックをしてもらいます。
そして不備がなければ、離婚公正証書の原稿作成に着手してくれます。

尚、離婚条件は口頭ではなく、書面で伝えることをお勧めします。
口頭だと伝え漏れのリスクがあります。この書面は原案と呼ばれています。

最後に夫婦が完成した原稿に納得すれば、離婚公正証書の完成です。
夫婦揃って公証役場に出向き、離婚公正証書に署名と押印を行います。

公証役場へは離婚条件のチェック、作成日、最低でも計2回足を運びます。

質問5「離婚条件のチェックをしてもらった日に作ることは出来ますか?」

離婚公正証書の原稿作成に時間がかかるので、
合意した離婚条件のチェックを受けた日に完成させることは難しいです。

質問4で触れましたが、公証役場へは最低でも2回足を運ぶ必要があります。

ただ当事務所がお願いしている公証役場ではありませんが、
過去に1度だけ『当日作成が出来た』という話をご相談者様から伺いました。
(注 どこの公証役場か聞いていないので、参考情報とお考え下さい。)(終わり)

離婚の疑問を解決するコラムの目次はこちらにあります。
現在60本のコラムがあり数分で読めるので、是非ご覧下さい。

【関連ページ】
協議離婚の進め方と成立期間や条件
養育費と公正証書の書き方

離婚協議書や離婚公正証書の詳細はこちらを見て頂ければ、理解が深まります。

当事務所では離婚チェックシート(全63項目)を利用すると同時に、
十分なヒアリングを通して、離婚協議書や離婚公正証書を作成しております。
又、無料相談も実施しているのでお気軽にご利用下さい。