離婚の問題や疑問を解決するコラム

養育費を諦めないで下さい

協議離婚に役立つ情報を発信

今回のテーマである『養育費を諦めない』を理解するためには、
養育費とは何か、どのようなものかという本質的な意味を知る必要があります。

養育費支払はお金の約束になるので、
離婚の話し合いでは、支払者が渋って進まないことがあります。
(例 子供のことは好きだけど、お金を払うのは嫌だな。)

当事務所では20代~30代のご依頼者様が多いので、
養育費がメインテーマになり、特に養育費の支払額で悩む方が多数です。
(例 希望額は4万円だけど、夫は3万円以上は払わないと言い切る。)

【養育費とは】

◇ 子供の成長に欠かせないお金
◇ 歳を重ねるにつれて必要なお金は増える

離婚の話し合いは色々な感情を抱えながら行うので、
想像よりスムーズに進まないという葛藤を感じやすいですが、
お互いが養育費は子供の成長に欠かせないという視点を持つことが重要です。

この視点を欠いた状態で話し合いをしている夫婦が多いです。

特に離婚することになった原因が配偶者の不倫の場合、
冷静な話し合いが難しく、高額な養育費を請求する方もいます。
(例 夫のせいで子供に寂しい思いをさせるから、養育費は相場以上欲しい。)

『裏切られた』という強い感情を持つことは理解出来ますが、
上述の通り、養育費は子供の成長のためのお金という視点を忘れないで下さい。

ちなみに不倫は養育費ではなく、慰謝料で解決することになります。
(例 不倫に対する慰謝料として100万円を一括で支払う。)

そして離婚の時点で子供が幼い場合は、
子供の成長に伴い、必要なお金は増えることになります。
(例 子供が大学進学を希望しているので、受験費用や学費がかかる。)

養育費の話し合いでは将来を見据えることも重要です。

【話し合いの場では】

妻「養育費の話し合いをしたい。」
夫「今日は疲れているから、また今度にしよう。」

協議離婚は夫婦間の話し合いで進めるものなので、
離婚時の状況によっては、このようなやり取りになるケースもあります。

この状況では頭の中に諦めるという選択肢がよぎりやすいですが、
家庭裁判所で行われる調停という選択肢もあるので、諦めないで下さい。
(※ 調停に関する相談は弁護士にすることになります。)

ちなみに養育費以外の条件で揉めている場合で、
協議離婚の成立が難しいケースでは、同じように調停に進むことも出来ます。
(例 お互いが子供の親権を主張していて、話し合いでは解決出来ない。)

こういう訳で養育費は子供の将来に必要なお金になるので、
簡単に諦めないで、色々な選択肢を考えながら粘り強く話し合って下さい。
(終わり)

離婚の疑問を解決するコラムの目次はこちらにあります。
現在60本のコラムがあり数分で読めるので、是非ご覧下さい。

【関連ページ】
協議離婚の進め方と成立期間や条件
養育費と公正証書の書き方
離婚慰謝料と公正証書の書き方

離婚協議書や離婚公正証書の詳細はこちらを見て頂ければ、理解が深まります。

当事務所では離婚チェックシート(全63項目)を利用すると同時に、
十分なヒアリングを通して、離婚協議書や離婚公正証書を作成しております。
又、無料相談も実施しているのでお気軽にご利用下さい。