離婚の問題や疑問を解決するコラム

養育費の減額請求とは

協議離婚に役立つ情報を発信

離婚の話し合いで養育費支払の合意が出来ても、
離婚後の状況変化に応じて、減らして欲しいという減額請求は可能です。

ちなみに養育費の増額請求も出来ますが、今回は割愛します。

【状況変化とは】

① 支払者の収入が減った
② 支払者が病気になって入院した
③ 親権者が再婚をした

離婚後、①~③のような状況が起きることは十分あります。
特に病気や入院に関しては、いつ誰がなるか予想することは出来ません。

ちなみに子供が幼い時に離婚をした場合は、
養育費の支払期間が長いので、このような状況が起きやすくなります。
(例 3歳の子供の15年後を予想するのは難しい。)

このような状況変化が起きた場合、親権者に養育費の減額請求を出来ます。

元夫「給料が減ったから、養育費を減額して欲しい。」
元妻「子供の進学費用が必要だから、5千円の減額でもいい?」

養育費の減額請求は自分から元妻に申入れをして、
このように元妻が受入れてくれたら、減額が決定となります。

ただ元妻が減額を受入れてくれないケースもあるので、
そうなると2つの選択肢(諦める又は調停の申立)から選ぶことになります。

養育費の減額請求を諦めるということは現状維持ということです。

一般的に減額請求は元妻の負担が増えるので、
受入れてくれる可能性は低く、拒否されるケースがほとんどです。
(例 今でも生活がギリギリだから、養育費の減額は受入れられない。)

Q「何か状況変化というリスクを防ぐ方法はありますか?」

この状況変化というリスクを回避する方法として、
②については民間の入院(医療)保険に加入するという対策があります。

例えば、いざという時に備えて入院保険に加入していれば、
入院費用の支払後に余った給付金を入院期間中の収入として充当出来ます。

次に③については子供が再婚相手と養子縁組すると考えられるので、
養育費0円は難しいですが、減額請求を受入れてくれる可能性はあります。
(※ 再婚相手が一義的に子供の面倒を見ることになります。)

ただ①に関しては、リスクを回避する方法はありません。
これだけはどうしようもないので、減額請求が叶う努力が必要です。

最後に離婚時に養育費の条件を書面に残した場合で、
離婚後の減額請求が受入れられた時は変更に合意した書面を残して下さい。
(例 元夫と元妻は養育費を3万円から2万円に変更することで合意した。)

この書面は離婚協議書、又は離婚公正証書と言いますが、
変更に合意した書面を作らなかった場合、トラブルの種となります。
(例 変更に合意してから1年後、減額を受入れた記憶はないと言われる。)
(終わり)

離婚の疑問を解決するコラムの目次はこちらにあります。
現在60本のコラムがあり数分で読めるので、是非ご覧下さい。

【関連ページ】
協議離婚の進め方と成立期間や条件
子供の親権は父親と母親どちらが取るのか
養育費と公正証書の書き方

離婚協議書や離婚公正証書の詳細はこちらを見て頂ければ、理解が深まります。

当事務所では離婚チェックシート(全63項目)を利用すると同時に、
十分なヒアリングを通して、離婚協議書や離婚公正証書を作成しております。
又、無料相談も実施しているのでお気軽にご利用下さい。