離婚の問題や疑問を解決するコラム

離婚公正証書原案の作り方について

協議離婚に役立つ情報を発信

後悔しない離婚公正証書を作るためには、
公証役場に提出する原案をじっくりと丁寧に作ることが大切です。
原案のイメージが湧かない方は離婚公正証書の文例と書き方をご覧下さい。

今回は離婚公正証書原案の作り方を分かりやすくお伝えします。

【原案作成の流れ】

① 離婚条件の合意
② コピー用紙を用意
③ 合意した条件を書いていく
④ 書いた条件の見直しと修正
⑤ 原案の完成
⑥ 公証役場に原案を提出

離婚公正証書の原案を作るためには夫婦間に離婚の意思があり、
加えて養育費や面会交流など離婚条件に合意している必要があります。

具体的な離婚条件は↓のようなものになります。

例1「養育費は20歳まで毎月5万円支払う。」
例2「不貞行為の慰謝料として一括で80万円支払う。」

次に合意した条件をコピー用紙に記入し、これが原案になります。

離婚公正証書の原案の作り方として、手書きでもいいですが、
作り直しの不便さを考えると、パソコンを利用することをお勧めします。

具体的な離婚公正証書の原案の書き方としては、
夫婦(自分達)で作る場合、書籍やインターネット上の文例を参考出来ます。
(注 インターネット上には誤った情報もあるのでご注意下さい。)

このような過程で書きあげたものが離婚公正証書の原案となり、
書き漏れやミスがないか、夫婦間でじっくりと見直すことが重要です。

又、離婚公正証書の原案は文字として目で確認することが出来ます。
つまり新しい発見や考えが生まれる可能性を高めることに繋がっていきます。
(例 養育費の基本額以外に医療費負担の合意もした方がいいかなと考える。)

これが離婚公正証書の原案を作る大きな目的となります。

このように見直しと修正を繰返していくことによって、
離婚公正証書の原案は何度も作り直され、少しずつ内容が洗練されていきます。

これが理想的な離婚公正証書の原案の作り方となります。

こういう訳で後悔しない離婚公正証書を作るためには、
原案作成という過程に力を入れて、妥協せず話し合うことが重要です。

以上で離婚公正証書の原案の作り方の説明を終えますが、
疑問点や分からないことがあれば、お気軽にご相談下さい。(終わり)

離婚の疑問を解決するコラムの目次はこちらにあります。
現在60本のコラムがあり数分で読めるので、是非ご覧下さい。

【関連ページ】
協議離婚の進め方と成立期間や条件
養育費と公正証書の書き方
離婚慰謝料と公正証書の書き方

離婚協議書や離婚公正証書の詳細はこちらを見て頂ければ、理解が深まります。

当事務所では離婚チェックシート(全63項目)を利用すると同時に、
十分なヒアリングを通して、離婚協議書や離婚公正証書を作成しております。
又、無料相談も実施しているのでお気軽にご利用下さい。