年末に離婚公正証書を作るのは難しいです

年末に離婚公正証書を作るのが難しい理由

離婚に役立つ情報を発信します

離婚公正証書は公証役場でしか作れないので、
作りたいと思ったその日に完成させることは出来ません。

【12月頃に頂くご相談】

「年末までに離婚公正証書を作りたい。」
「年末までに離婚届を提出して新年を迎えたい。」

毎年11月後半頃からこういったご相談を頂きますが、
離婚公正証書の完成時間を考えると、難しいスケジュールとなります。

【完成までにかかる時間の内訳】

① 離婚条件の合意までの時間
② 公証役場での作成にかかる時間

通常、②の時間は平均1~2週間程度(代理作成)と計算出来ますが、
年末にかけて公証役場は混雑し、予約が取れずお時間を頂くこともあります。
(注 公証役場では離婚の公正証書以外の書類(遺言等)も作っています。)

特に年末は祝日も絡むので、日程調整が難しいです。

次に養育費慰謝料等の①離婚条件は、各ご夫婦によって、
合意までの時間に差が生じるので、具体的な時間をお伝えするのが難しいです。

例えば、1週間で合意に至るご夫婦もいれば、
話し合いが難航し、1年以上かけて合意される方もいらっしゃいます。

こういう訳で、12月に離婚公正証書作成のご依頼を頂いた場合、
年末までに完成出来るご依頼者様は少なく、年明けの完成になるケースが多いです。

ただ離婚公正証書を作る上で大切なことは文面の充実度なので、
完成を急いで不十分な協議で終えると、離婚した後に後悔するのでご注意下さい。

【完成時間を早める方法】

◇ 代理作成から本人作成に切替
◇ 予約が空いている公証役場を探す

代理作成の場合、債務者(主に夫)へ公正証書を郵送する必要がありますが、
本人作成(夫婦で公証役場に出向く)に切替えれば、郵送期間を短縮出来ます。

本人作成の場合は、公証人から作成日に離婚公正証書が渡されます。

次に公証役場は全国各地にあり、住所地管轄もないので、
予約に空きがある公証役場があれば、完成時間を早めることが出来ます。

但し、どちらの方法にもデメリットがあるので、
詳細については、お問合わせ時に丁寧にお伝えさせて頂きます。

【関連記事】
離婚公正証書の質問集
公証役場と離婚の関係
離婚公正証書完成までにかかる時間
離婚公正証書の原案が大切な理由

当事務所では離婚チェックシート(全63項目)を利用すると同時に
ヒアリングを積極的に行い、ご希望に沿った離婚公正証書や離婚協議書を作ります。

又、無料相談も実施しているのでお気軽にご連絡下さい。 → 無料相談

離婚協議書や公正証書作成に役立つコラムの目次もご覧下さい。

【離婚コラム 2016/10/28】