離婚協議書と公正証書の効力の違いを知って下さい

離婚協議書と公正証書の違い(効力編)

離婚に役立つ知識を随時お伝えしていきます

今回は離婚協議書公正証書の違い(効力)について解説します。
(共通点作成方法の違いも併せてご覧下さい。)

【離婚公正証書の効力】

◇ 強制執行が出来る
◇ 心理的プレッシャーを与える

離婚公正証書にはこれらの効力があり、
同じ書面でも離婚協議書にはないので、決定的な違いとなります。

この効力は養育費慰謝料等の支払率向上に繋がる為、
書面作成を考えたら、先ずは公正証書の完成を目指す方が多いです。

【強制執行が出来る】

夫「今月の養育費払いたくないな。」
妻「払わなかったら、強制執行します。」

強制執行は養育費等の支払いが滞った時に、
支払者(主に夫)の給与等の差押えが出来る制度を言います。

強制執行は必要書類を裁判所に提出するという「手続き」なので、
「訴える」といった訴訟とは異なり、債権者(主に妻)の負担が少ないです。

こういう訳で公正証書には強い効力が与えられるので、
誰もが作れる訳ではなく、全国各地にある公証役場でのみ作ることが出来ます。
(注 公証役場に提出する原案はご夫婦、又は行政書士が作ることになります。)

離婚協議書はご夫婦、又は行政書士が作る(完成)ことが出来ます。

【心理的プレッシャー】

夫「払わないと差押えされる。」
夫「差押えされると格好悪いな。」

仮に給与の差押えを受けると、上司にバレるので、
このような感情を抱き、「払わないといけない」という気持ちになります。

これが公正証書を作ることで得られる心理的プレッシャーで、
強制執行が出来ない離婚協議書では得ることが出来ないものとなります。

このように公正証書には2つの大きな効力がある為、
どちらを作るべきかと言えば、公正証書の完成を目指すことをお勧めします。

但し、このような効力があってもデメリットはあり、
「絶対に安心」とは言えないので、次回はその点について解説します。

【関連記事】
離婚公正証書があれば絶対に安心?
離婚条件は細かく決めた方が良い?
年内に離婚公正証書を完成させたい

当事務所では離婚チェックシート(全63項目)の利用に加えて、
ヒアリングを積極的に行い、ご希望に沿った離婚公正証書と離婚協議書を作ります。

又、初回無料相談を実施しているのでお気軽にご利用下さい。 → 無料相談

離婚コラムの記事一覧はこちらをご覧下さい。

【離婚コラム 2016/11/09】