離婚の問題や疑問を解決するコラム

離婚協議書と公正証書の類似点

協議離婚に役立つ情報を発信

先ず協議離婚は夫婦間の話し合いで解決を目指すことになり、
最終合意した条件については、各夫婦によって『終わり方』が変わります。

主な離婚条件として養育費、慰謝料、財産分与、年金分割などがあります。

【終わり方の選択肢】

① 口約束で終わる
② 離婚協議書を作って終わる
③ 離婚公正証書を作って終わる

各夫婦の自由な意思で①~③の選択肢から終わり方を選ぶことが出来ます。

離婚協議書と離婚公正証書の共通点を理解するためには、
終わり方には3つの選択肢があるということを覚えておいて下さい。

離婚協議書と離婚公正証書は両方作る必要はなく、
共通点や違いを理解した上で、どちらか一方を作ることになります。

【共通点とは】

◇ 合意した条件を書面化する
◇ トラブルが起きた時の証拠として利用
◇ 内容、文面、書き方はほとんど似ている

離婚協議書と公正証書には合意した条件が書面に残るので、
離婚後にトラブルが起きた場合、↓のように証拠として利用することが出来ます。

元夫「養育費は毎月3万円で約束したよね。」
元妻「ウソをつかないで。毎月5万円って書いてるでしょ。」

離婚後、このような支払額についてトラブルが起きた場合、
口約束だと揉めますが、書面があればどちらがウソをついたか直ぐに分かります。

そもそも相手に悪意がない限り、ウソをつくことはないので、
書面(証拠)があれば、このようなトラブルが起きることはありません。

離婚協議書や公正証書の作成を嫌がる支払者(主に夫)は多いです。
その理由として『自分には何もメリットがない』と考えているからです。

ただ『ウソをつけない』という証拠力はお互いにメリットがあるので、
離婚協議書や公正証書を作る場合、このメリットを支払者に伝えることが大切です。

Q「どちらを作ればいいか悩んでいます。」

次に離婚協議書や公正証書に書く内容は夫婦間で決めた条件なので、
どちらを作るにしても内容、文面、書き方は、一部を除いてほとんど似ています。

具体的には前文と強制執行認諾文言の内容に違いが生じるだけです。

こういう訳でどちらを作ればいいか悩んでいる場合は、
離婚協議書と公正証書の違い(特に効力)を理解した上で決定して下さい。
違いの詳細を知りたい場合は離婚協議書と離婚公正証書とはをご覧下さい。

ちなみに離婚協議書、又は公正証書作成のご依頼を受けた場合は、
文面などの違いは少ないので、いつでも切替は出来るとお伝えしております。
(例 離婚協議書を作る予定だったけど、途中で公正証書作成に切替える。)

最後に離婚協議書と公正証書の共通点を理解した後は、
作成方法や効力の違いなどについても、調べるようにして下さい。(終わり)

離婚の疑問を解決するコラムの目次はこちらにあります。
現在60本のコラムがあり数分で読めるので、是非ご覧下さい。

【関連ページ】
協議離婚の進め方と成立期間や条件
養育費と公正証書の書き方
離婚慰謝料と公正証書の書き方
離婚の財産分与と住宅ローンの関係
年金分割合意書の書式

離婚協議書や離婚公正証書の詳細はこちらを見て頂ければ、理解が深まります。

当事務所では離婚チェックシート(全63項目)を利用すると同時に、
十分なヒアリングを通して、離婚協議書や離婚公正証書を作成しております。
又、無料相談も実施しているのでお気軽にご利用下さい。