離婚の問題や疑問を解決するコラム

離婚協議書と公正証書の作り方の相違点

協議離婚に役立つ情報を発信

離婚協議書と公正証書の作り方の違いを理解するポイントとして、
誰が作れるのか、完成までの時間、作成費用、以上3点に注目して下さい。

【離婚協議書を作れる人】

① 夫婦(自分達)で作る
② 行政書士などに依頼をして作る

離婚協議書を作ることが出来る人は①や②となります。

コピー用紙などに合意した離婚の条件を記入し、
同じものを2部用意して、最終ページに署名と押印すれば完成します。
(※ 2部用意する理由は1部が夫用、もう1部を妻用となるためです。)

夫婦で作る場合は、離婚協議書の文例や雛形を参考にする方が多いです。
離婚協議書のイメージが湧かない方は離婚協議書の文例と書き方をご覧下さい。

離婚協議書は手書きではなくパソコンを利用して作る夫婦が多いですが、
最終ページの署名は印字ではなく、必ず直筆で書くことを覚えておいて下さい。

【①と②の違い】

◇ 作成に係る費用
◇ 合意した条件の書き漏れ

夫婦で離婚協議書を作る場合、作成に係る費用は0円ですが、
行政書士などに依頼をして作る場合は、報酬支払があり費用面で違いが出ます。

ただ離婚に強い行政書士などは知識や情報を持っているので、
報酬支払というデメリットの代わりに、合意条件の書き漏れなどを減らせます。

書き漏れがないということは、離婚後のトラブルを減らすことに繋がります。

離婚後に離婚協議書や公正証書を作り直すことも出来ますが、
お互いの同意が前提条件なので、現実的に支払者が拒否するケースが多いです。

つまり最初に作るものがラストチャンスだと考えて、丁寧に作ることが大切です。

【公正証書完成までの流れ】

① 離婚条件の合意
② メモ用紙に合意した条件を書く
③ 公証役場に②のメモを提出する
④ 公証人がメモをもとに公正証書の原稿を作成
⑤ 夫婦が原稿に署名をして公正証書が完成する

公正証書は全国各地にある公証役場でしか作れないので、
夫婦で作る離婚協議書に比べて、完成までの時間がかかります。

この作れる人は誰という点が、離婚協議書と公正証書の1つ目の違いです。

極端な話、離婚協議書は1日で完成させることも可能です。
この完成までにかかる時間が、離婚協議書と公正証書の2つ目の違いです。

さらに公正証書を作る場合、公証役場手数料が発生するので、
夫婦で離婚協議書を作る場合(0円)に比べて、コストがかかります。
(注 公正証書作成にはコストがかかる代わりに大きな効力を得れます。)

このコストの有無が離婚協議書と公正証書の3つ目の違いです。

こういう訳で作り方では作れる人、完成時間、費用の違いがあり、
どちらを作ればいいか悩んでいる場合は、これらの違いを参考にして下さい。

最後に離婚協議書と公正証書の作り方の違いについて解説しましたが、
同時に効力の違い、共通点も理解した上で作成準備に入ることが大切です。
(終わり)

離婚の疑問を解決するコラムの目次はこちらにあります。
現在60本のコラムがあり数分で読めるので、是非ご覧下さい。

【関連ページ】
協議離婚の進め方と成立期間や条件
養育費と公正証書の書き方
離婚慰謝料と公正証書の書き方
離婚の財産分与と住宅ローンの関係
年金分割合意書の書式

離婚協議書や離婚公正証書の詳細はこちらを見て頂ければ、理解が深まります。

当事務所では離婚チェックシート(全63項目)を利用すると同時に、
十分なヒアリングを通して、離婚協議書や離婚公正証書を作成しております。
又、無料相談も実施しているのでお気軽にご利用下さい。