離婚の問題や疑問を解決するコラム

離婚届提出後にすること

協議離婚に役立つ情報を発信

協議離婚は離婚届の提出で成立するので、法律上は終わりとなります。
ただ離婚後の手続きが始まるので、本当の意味での終わりとは言えません。

離婚後の手続きは女性(母親、親権者)が行うケースが多いです。

【離婚後の手続き】

① 年金分割の申請
② 子供の氏と戸籍の手続き
③ 児童扶養手当の申請
④ 児童手当の申請
⑤ 保育所の申込
⑥ 国民健康保険の加入手続き
⑦ 国民年金の変更手続き
⑧ 運転免許証の変更手続き
⑨ パスポートの変更手続き
⑩ 預金通帳の手続き

先ず児童扶養手当と児童手当については、
離婚後の生活費に充当出来るので、事前準備が大切です。
具体的には離婚前から役所に出向いて、必要書類などの確認をして下さい。

又、子供が幼い状態で仕事に出る(始める)場合は、
保育所への入園が欠かせないので、離婚前からの準備が大切です。

これらの申請は役所が自発的に動いてくれる訳ではないので、
自分から役所に出向いて情報を集めるという、積極的な行動力が必要です。

次に年金分割の申請は離婚後2年以内となっているので、
慌てる必要はないですが、申請を忘れないように気を付けて下さい。

ちなみに合意分割の場合は離婚前に『年金分割の合意書』を作る方もいます。

最後に預金通帳の手続きは開設している全ての銀行を回るので、
利用していない預金通帳がある場合は、離婚前に解約手続きをして下さい。

Q「手続きが多くて訳が分かりません。」
Q「効率良く進めるには何から始めたらいいですか?」

先ず窓口では本人確認書類の提示を求められることが多いので、
運転免許証やパスポートの変更手続きから始めることをお勧めしています。

運転免許証は警察署、パスポートはパスポートセンターにて行います。

次に役所で児童扶養手当と児童手当などの申請を行い、
最後に子供の氏と戸籍の変更手続き、年金分割の申請を行います。

ちなみに子供の戸籍の変更手続きは役所で行いますが、
子供の氏の変更許可申立は家庭裁判所(1日仕事)で行うのでご注意下さい。

これらの手続きを1日で終えることは不可能なので、
離婚前から準備をして、スケジュールを立てることが大切です。

当事務所では離婚協議書や離婚公正証書の作成をしており、
ご依頼者様に対して『離婚後の手続きリスト』をお渡ししております。
(終わり)

離婚の疑問を解決するコラムの目次はこちらにあります。
現在60本のコラムがあり数分で読めるので、是非ご覧下さい。

【関連ページ】
協議離婚の進め方と成立期間や条件
子供の親権は父親と母親どちらが取るのか
年金分割合意書の書式

離婚協議書や離婚公正証書の詳細はこちらを見て頂ければ、理解が深まります。

当事務所では離婚チェックシート(全63項目)を利用すると同時に、
十分なヒアリングを通して、離婚協議書や離婚公正証書を作成しております。
又、無料相談も実施しているのでお気軽にご利用下さい。