離婚の問題や疑問を解決するコラム

離婚とお金について

協議離婚に役立つ情報を発信

協議離婚には大きく分けて3つの問題があり、
今回はその中でも離婚とお金の問題についてお伝えします。
(※ 残り2つの問題は親権、離婚後の生活となります。)

協議離婚の話し合いではこのお金の問題が一番の難題となります。

【お金とは】

① 未成年の子供への養育費
② 離婚の慰謝料
③ 預金を含む財産の清算

離婚の時点で未成年の子供がいる場合、
親権者を決めた上で、毎月の養育費について話し合います。
(例 長女の養育費として、20歳まで毎月4万円を支払う。)

一般的に母親が親権者になるケースが多く、
子供が幼い場合、母親がフルタイムで働くことが難しいので、
養育費というお金の約束は子供の将来のためにも大切なものです。

次に離婚の慰謝料請求は離婚原因に左右されるので、
先ずは↓のように各夫婦で請求の可否を判断する必要があります。

妻「不倫したから慰謝料を払って欲しい。」
妻「ずっと暴力を受けてきたから慰謝料を払って欲しい。」

このように離婚の原因が不倫や暴力の場合は、
精神的苦痛に対する対価として、配偶者へ慰謝料の請求が出来ます。
(注 性格の不一致の場合、慰謝料の請求は出来ません。)

慰謝料の使途は自由ですが、離婚後の生活資金に充当出来ます。

最後に結婚期間中に蓄えた預金は財産分与の対象なので、
『50%ずつ分配する』といった分割割合について話し合うことになります。
(例 夫名義の預金100万円を50万円ずつ分配する。)

財産分与で分配されるお金も慰謝料と同じで、
離婚後の生活資金に充当出来るので、後悔しないように話し合って下さい。

特に慰謝料支払は分割払いになる可能性が高いですが、
財産分与は離婚前に清算するので、離婚後直ぐに使うことが出来ます。
(例 慰謝料の支払期間は10年間なので、毎月の支払額は少ない。)

最後に離婚後のトラブルについて↓でお伝えしておきます。

【離婚後のトラブル】

夫「離婚届の提出を急ぎたい。」
妻「離婚後、お金の話をしてくれるならいいよ。」

離婚時の状況に応じて、このような合意をしても問題ありません。
ただ元夫が協力してくれないリスクがあるので、離婚前の解決が望ましいです。
(例 いざ元夫に電話をすると、居留守を使ったりして話し合いが出来ない。)

つまり離婚前にお金の話を終えていることが望ましいです。

又、合意した離婚条件について行き違いが起きないよう、
離婚協議書や離婚公正証書といった証拠書面の作成をお勧めします。
(例 離婚後、養育費の金額に行き違いが生じてトラブルになる。)

書面には答えが載っているので、行き違いが起きることはありません。

最後に離婚時のお金の問題は揉めることが多いですが、
子供の将来や生活資金として役立つので、よく話し合って結論を出して下さい。
(終わり)

離婚の疑問を解決するコラムの目次はこちらにあります。
現在60本のコラムがあり数分で読めるので、是非ご覧下さい。

【関連ページ】
協議離婚の進め方と成立期間や条件
子供の親権は父親と母親どちらが取るのか
養育費と公正証書の書き方
離婚慰謝料と公正証書の書き方
離婚の財産分与と住宅ローンの関係

離婚協議書や離婚公正証書の詳細はこちらを見て頂ければ、理解が深まります。

当事務所では離婚チェックシート(全63項目)を利用すると同時に、
十分なヒアリングを通して、離婚協議書や離婚公正証書を作成しております。
又、無料相談も実施しているのでお気軽にご利用下さい。