離婚の問題や疑問を解決するコラム

養育費の振込先について

協議離婚に役立つ情報を発信

先ず養育費の振込先について解説する前に、
軽視してはいけない『支払方法』について軽く触れていきます。

養育費の支払方法は始期、終期、支払額と同様に大切な条件となります。

【支払方法】

① 手渡しで払う
② 振込送金で払う

養育費の支払方法として2つの選択肢がありますが、
現実的には手渡しだと問題があるので、振込送金を利用します。
(例 残業で養育費の支払日に会うことが出来ず払えない。)

過去、手渡しを選択したご依頼者様は1組もいません。
(※ 当事務所では離婚協議書、離婚公正証書の作成をしています。)

仮に手渡しを選んだ場合、トラブル防止のためにも、
毎回支払った(受取った)という証拠になる書面を残すようにして下さい。
(例 約束通り払ったのに、受取っていないとウソを言われる。)

こういう訳で養育費の支払方法は振込送金が主流となっています。

【振込先口座】

① 子供名義の口座
② 親権者名義の口座

振込送金を選択した場合の振込先口座については、
夫婦間の話し合いで①、又は②のいずれかを選ぶことになります。

例1「親権者名義に払うのは抵抗がある。」
例2「子供のためのお金だから、子供名義に払いたい。」

夫婦間で養育費の振込先に関する話し合いをすると、
例1や例2のような希望を伝える支払者(主に夫)が多いです。

このケースでは支払者の希望通り、子供名義への振込で問題ありません。
なぜなら子供名義であれ親権者名義であれ、養育費には変わらないからです。

ただ振込送金は『振込手数料』の問題が生じるので、
子供が1人の場合は子供名義、複数の場合は親権者名義を選ぶことが多いです。
(※ 子供が複数いても、各子供の名義に振込んでも問題ありません。)

ちなみに財産分与や慰謝料支払は夫婦間の問題なので、
振込先は子供名義ではなく、親権者名義になるのでご注意下さい。
(例 慰謝料100万円を妻が指定する口座に10回に分けて支払う。)

例3「毎月、振込の手続きをしてくれるか不安です。」
例4「夫はいい加減な性格なので、振込日を忘れそうです。」

振込送金には例1や例2といったデメリットがあり、
最近は『自動送金』という手続きを選択するご依頼者様も増えています。

毎月決まった日に自動引落されるシステムを自動送金と言います。
ただ残高不足の場合は自動引落されないので、100%安心とは言えません。

こういう訳で養育費の振込先口座については、
支払者の希望を尊重し、子供が複数いる場合は柔軟な対応が重要です。

最後に離婚協議書、離婚公正証書作成のご依頼を頂いた場合、
離婚チェックシートの送付から始めているので↓に詳細をお伝えします。

【離婚チェックシートの内容】

◇ 全13ページ63項目の質問を掲載
◇ 離婚協議で必要な離婚条件を全て網羅

離婚チェックシートに掲載されている内容は、
離婚協議書や離婚公正証書を作るために必要な離婚条件の情報です。

63項目の質問は出来る限り○×形式(一部手書きあり)を採用しています。

例1「養育費の終期は4つの内どれにしますか?」
例2「養育費の条件を決める時に注意すべき点(解説)」

例1や例2のような質問や解説を掲載しているので、
夫婦の意向に沿った離婚協議書、離婚公正証書を作ることが出来ます。
加えて離婚条件を集める時間は0なので、離婚届の提出時期も早まります。

詳しくは離婚チェックシートの内容と使い方をご覧下さい。(終わり)

離婚の疑問を解決するコラムの目次はこちらにあります。
現在60本のコラムがあり数分で読めるので、是非ご覧下さい。

【関連ページ】
協議離婚の進め方と成立期間や条件
子供の親権は父親と母親どちらが取るのか
養育費と公正証書の書き方
離婚慰謝料と公正証書の書き方
離婚の財産分与と住宅ローンの関係

離婚協議書や離婚公正証書の詳細はこちらを見て頂ければ、理解が深まります。

当事務所では離婚チェックシート(全63項目)を利用すると同時に、
十分なヒアリングを通して、離婚協議書や離婚公正証書を作成しております。
又、無料相談も実施しているのでお気軽にご利用下さい。