離婚の問題や疑問を解決するコラム

離婚協議書の記入方法

協議離婚に役立つ情報を発信

離婚協議書の書き方についてお伝えさせて頂きます。

【離婚協議書のポイント】

① 各夫婦によって内容は変わる
② 直筆で書かないといけない箇所

各夫婦によって協議離婚を考える経緯や原因は変わるので、
離婚する夫婦が100組いれば、100通りの離婚条件が生まれます。
(例 夫の不貞行為(不倫)を原因として、慰謝料100万円支払う。)

つまり離婚協議書の書き方(文面)も100通り出来るので、
夫婦(自分達)で作る場合、様々な媒体から得られる文例を参考にして下さい。
(例 第1条は前文、第2条は養育費、第3条は慰謝料という流れで書きます。)

当事務所が公開している離婚協議書の文例もご覧下さい。

離婚協議書は同じ内容(文面)の書類を2部作る必要があり、
一般的に手書きだと時間がかかるので、パソコンを利用します。
(※ 当事務所ではワードを使って、離婚協議書を作っています。)

ちなみに2部作る理由は夫用、妻用の離婚協議書が必要となるからです。

仮にパソコンで作ったとしても、↓の署名欄の書き方としては、
必ず入力文字(印字)ではなく、直筆で書くことを覚えておいて下さい。

例「大阪市北区○○○1丁目△△△ 山田 一郎」

ここに書く住所地は住民票に記載されている住所地を記入します。
ちなみに鉛筆や消せるボールペンは不可なので、気を付けて下さい。

最後に内容に問題がなければ、双方の実印を押して離婚協議書の完成です。
(注 離婚協議書は合意した条件の履行終了まで、大切に保管して下さい。)

Q「離婚した後でも離婚協議書は作れますか?」

本来、離婚前に離婚協議書を完成させることが望ましいですが、
様々な理由があって、離婚した後に離婚協議書を作ることも可能です。

但し、書き方の注意点として『記入時の姓』があります。

離婚協議書に書く姓はその時点での姓になるので、
離婚後作成の場合、姓が変わっていればその姓を書くことになります。
(例 離婚して旧姓に戻ったから、離婚後作成の場合は旧姓を書く。)

ちなみに実印も変わるので、事前に役所での印鑑登録が必要となります。

こういう訳で離婚協議書の書き方には最低限のルールがあるので、
間違えて後悔しないためにも、事前に情報を集めることが大切だと言えます。
(終わり)

離婚の疑問を解決するコラムの目次はこちらにあります。
現在60本のコラムがあり数分で読めるので、是非ご覧下さい。

【関連ページ】
協議離婚の進め方と成立期間や条件
養育費と公正証書の書き方
離婚慰謝料と公正証書の書き方

離婚協議書や離婚公正証書の詳細はこちらを見て頂ければ、理解が深まります。

当事務所では離婚チェックシート(全63項目)を利用すると同時に、
十分なヒアリングを通して、離婚協議書や離婚公正証書を作成しております。
又、無料相談も実施しているのでお気軽にご利用下さい。