離婚の問題や疑問を解決するコラム

離婚後の姓について

協議離婚に役立つ情報を発信

離婚後の姓と戸籍についてお伝えします。

今回は結婚時に妻が夫の姓を名乗ったケースを↓で解説します。
(※ 夫が妻の姓を名乗った場合でも同じ扱いとなります。)

【姓について】

① 離婚前から考えておく
② 離婚後3か月以内に姓の変更をする

離婚の話し合いでは子供とお金がメインテーマとなりますが、
離婚後の姓と戸籍についても、同時進行で考えるようにして下さい。

お金とは養育費、慰謝料、財産分与などを言います。

離婚後の姓は2つの選択肢から選ぶことが出来ます。
1つ目は旧姓に戻る、2つ目は結婚時の姓を名乗り続けることです。

旧姓とは両親の姓、結婚時の姓とは夫の姓を言います。
離婚後の姓を考えるのは、結婚時に姓を変えた者だけとなります。

離婚後の姓を考えた場合、例1や例2のような気持ちになりやすいです。

例1「離婚後も夫の姓を名乗るのは嫌だな。」
例2「会社や子供の環境を考えると、旧姓には戻したくないな。」

先ず離婚に伴い、原則旧姓に戻ることになりますが、
例2のような気持ちになり、結婚時の姓を名乗り続けることも出来ます。
(注 妻が子供の親権を得る場合、子供の生活環境も考える必要があります。)

仮に離婚後も結婚時の姓を名乗ると決めた場合、
離婚後、3か月以内に『離婚の時に称していた氏を称する届』を提出します。
(※ この届の提出先は役所で、用紙も役所でもらえます。)

一般的にこの届は離婚届と同時に提出するご依頼者様が多いです。
(※ 当事務所では離婚協議書、離婚公正証書の原案を作成しています。)

仮に夫が↓のように反対しても、離婚後の姓の選択は自由なので、
特に気にする必要はなく、制度の主旨を丁寧に伝えれば問題ありません。

夫「離婚後も僕の姓を名乗るのは許せません。」
夫「離婚するんだから、僕の姓ではなく旧姓に戻って下さい。」

ちなみに例1のような気持ちになった場合は、
何か特別な手続きをする必要はなく、離婚届を提出すれば旧姓に戻ります。

補足として1度選択した姓の変更は簡単に出来ないのでよく考えて決めて下さい。

次に離婚後の戸籍について↓で詳しくお伝えします。

離婚後の戸籍については、離婚届に記入欄があるので、
離婚に伴い戸籍から抜ける者(妻)だけが考える必要があります。
(※ 戸籍から抜ける者が夫の場合も同じ扱いとなります。)

戸籍の筆頭者(夫)は結婚時の戸籍に残るので、夫は何も考える必要はありません。

離婚後、この結婚時の戸籍には子供も残っているので、
仮に母親が親権を得た場合は、離婚後に子供の姓と戸籍の手続きが必要です。
(例 父親の戸籍から子供を抜いて、母親の新しい戸籍に入籍する。)

尚、子供の姓は離婚した後に家庭裁判所で手続きを行います。

最後に協議離婚は自由度が高いという特徴がありますが、
自己責任を伴うので、今すべきことは何かという順位付けが重要となります。
(終わり)

離婚の疑問を解決するコラムの目次はこちらにあります。
現在60本のコラムがあり数分で読めるので、是非ご覧下さい。

【関連ページ】
協議離婚の進め方と成立期間や条件
子供の親権は父親と母親どちらが取るのか
養育費と公正証書の書き方
離婚慰謝料と公正証書の書き方
離婚の財産分与と住宅ローンの関係

離婚協議書や離婚公正証書の詳細はこちらを見て頂ければ、理解が深まります。

当事務所では離婚チェックシート(全63項目)を利用すると同時に、
十分なヒアリングを通して、離婚協議書や離婚公正証書を作成しております。
又、無料相談も実施しているのでお気軽にご利用下さい。