離婚の問題や疑問を解決するコラム

慰謝料の5個の質問に回答します

協議離婚に役立つ情報を発信

離婚協議書や離婚公正証書作成にあたって、
ご依頼者様から頂く慰謝料のご質問について回答していきます。

今回は説明を分かりやすいようにするため、
妻が夫に慰謝料を請求するというケースで解説していきます。
(注 夫が妻に請求する場合も同じ扱いとなります。)

質問1「離婚の慰謝料は誰でも請求出来ますか?」

離婚の慰謝料は原因によって、請求の可否が決まります。

例えば、離婚原因に多い性格の不一致では出来ないですが、
配偶者の不倫(不貞行為)、配偶者から暴力を受けた場合に請求出来ます。

つまり離婚の慰謝料請求を考えた場合は、
自分が請求権者に成り得るのかという確認から始めて下さい。

質問2「夫が不倫をしたと認めてくれません。」

配偶者の不倫が原因で慰謝料の請求を行う場合、
夫が『不倫をした』と認めない限り、請求することは難しいです。

仮に夫が支払逃れのために不倫を認めない場合は、
不倫した事実を証明する証拠(写真など)を見つける必要があります。

妻が自分で見つけることが難しい場合は、探偵などに頼るしかありません。

質問3「慰謝料の相場ってありますか?」

協議離婚では慰謝料の支払額を話し合いで決めるので、
申し訳ないのですが、具体的に『相場は○円』とお伝えするのが難しいです。

なぜなら支払額を決める重要な要素として『支払能力』があるためです。

例えば、支払者の収入に見合わない支払額で合意しても、
一括払いではなく分割払いになりやすく、不払いのリスクを抱えるからです。
(例 年収250万円の夫に慰謝料300万円を請求するのは厳しい。)

こういう訳で離婚公正証書などを作るご依頼者様の中でも、
50万円~300万円といった、広い範囲の中で合意される方が多いです。

質問4「不倫相手に慰謝料の請求は出来ますか?」

慰謝料の請求は配偶者ではなく、不倫相手にすることも可能です。

ただ不倫相手に請求する場合、対面する必要があるので、
精神的な苦痛を伴う可能性が高く、お勧めすることは出来ません。
(例 夫の不倫相手に会って話し合うのは気が重いな。)

補足ですが不倫相手に支払能力がないケースが多いです。
つまり慰謝料を請求しても、支払額が低額になる可能性が高いです。

ちなみにどうしても不倫相手に請求したい場合は、
弁護士に依頼をすれば、代理人として代わりに交渉をしてくれます。
弁護士への報酬支払が必要となりますが、精神的な苦痛は回避出来ます。

質問5「慰謝料の合意に向けて注意点はありますか?」

仮に慰謝料の支払を一括で受取ることになった場合、
離婚後のトラブルを防ぐためにも、証拠書類を作って下さい。
(例1 元妻が二重取りを考えて、受取っていないとウソをつく。)
(例2 令和元年7月1日、夫は妻に慰謝料100万円を支払った。)

この証拠書類は離婚協議書、合意書などと呼ばれています。

一方、慰謝料の支払を分割で受けることになった場合、
不払いというリスクに備えて、離婚公正証書の作成をお勧めします。

離婚公正証書があれば、不払い時に強制執行(夫の財産の差押え)が出来ます。
(注 離婚公正証書を作っていても強制執行出来ないケースもあります。)

最後に慰謝料の請求をする場合、感情的になりやすいですが、
質問3で触れた支払能力という言葉を忘れず、冷静な話し合いをして下さい。
(例 夫が不倫したことを許せず、たくさん慰謝料を取ろうと考える。)(終わり)

離婚の疑問を解決するコラムの目次はこちらにあります。
現在60本のコラムがあり数分で読めるので、是非ご覧下さい。

【関連ページ】
協議離婚の進め方と成立期間や条件
離婚慰謝料と公正証書の書き方

離婚協議書や離婚公正証書の詳細はこちらを見て頂ければ、理解が深まります。

当事務所では離婚チェックシート(全63項目)を利用すると同時に、
十分なヒアリングを通して、離婚協議書や離婚公正証書を作成しております。
又、無料相談も実施しているのでお気軽にご利用下さい。