離婚の問題や疑問を解決するコラム

養育費はいつまで払ってもらえるのか

協議離婚に役立つ情報を発信

協議離婚は夫婦間の話し合いをベースに進めるので、
養育費をいつまでもらえるのかというと、自由に決めることが出来ます。

つまり各夫婦によって養育費のいつまで(終期)は変わります。

【養育費はいつまで】

① 高校卒業の月まで
② 20歳の誕生日を迎える月まで
③ 4年制大学を卒業する月まで

一般的に①~③の中から選ぶ夫婦が多く、
当事務所では条件付きで③を選択するご依頼者様が多いです。
(例 長男が20歳の誕生日を迎える月まで毎月2万円支払う。)

養育費支払を③4年制大学を卒業する月までと決めた場合、
離婚協議書や離婚公正証書には年代表記で記載することが望ましいです。

つまり『令和○年3月まで』といった具体的な表現にして下さい。
(※ 『4年制大学卒業月』という書き方は抽象的な表現になります。)

【子供が幼い時は】

「4年制大学に進学するか分かりません。」
「短期大学や専門学校に進学したらどうなりますか?」

例えば、子供が高校生位なら進路の予想は出来ますが、
逆に幼い場合、このように将来が不透明で『いつまでにしたら』と悩みます。
(例 英語の教師を目指しているから、外国語大学への進学を望んでいる。)

このような悩みを抱えている場合、養育費の終期と同時に、
↓のような『終期を迎えた時点で再協議をする』という合意も出来ます。

例1「高校卒業後に進学する場合、終期の再協議を行う。」
例2「20歳の時に4年制大学に在籍していれば、終期の再協議を行う。」

ただこの合意は『再協議が出来る』という話なので、
養育費支払を延長するか、しないかについては話し合いで決まります。

つまり元夫婦間の話し合いの結果、延長不可という可能性があるので、
再協議の合意が出来たとしても『100%安心です』と言うことは出来ません。

最後に養育費はいつまでという問題で悩んでいる場合、
上述した方法の不安を解消する良案があるので、お気軽にご相談下さい。
(終わり)

離婚の疑問を解決するコラムの目次はこちらにあります。
現在60本のコラムがあり数分で読めるので、是非ご覧下さい。

【関連ページ】
協議離婚の進め方と成立期間や条件
養育費と公正証書の書き方

離婚協議書や離婚公正証書の詳細はこちらを見て頂ければ、理解が深まります。

当事務所では離婚チェックシート(全63項目)を利用すると同時に、
十分なヒアリングを通して、離婚協議書や離婚公正証書を作成しております。
又、無料相談も実施しているのでお気軽にご利用下さい。