離婚協議書と公正証書では作成方法に違いがあります

離婚協議書と公正証書の違い(作成方法編)

離婚に役立つ知識を随時お伝えしていきます

今回は離婚協議書離婚公正証書違い(作成方法)について解説します。
(共通点についてはこちらの記事をご覧下さい。)

【離婚協議書の作成者】

① 夫婦だけで作る
② 行政書士等に依頼して作る

離婚協議書を作ることが出来るのは、①②に限られます。

コピー用紙等に合意した条件を記入し、
同じ内容のものを2部作り、最後のページに署名と押印すれば完成です。
(※ 離婚協議書の書き方(文例)についてはこちらをご覧下さい。)

手書きではなくパソコンを利用して作っても良いですが、
最後のページの署名は印字ではなく、必ず直筆で書くようにして下さい。

【①と②の違い】

◇ 費用面
◇ 文面の書き漏れ

①夫婦だけで作る場合、費用はほとんどかかりませんが、
②行政書士に依頼すると報酬の支払いが必要なので、①の方が安く出来ます。

ただ離婚に強い行政書士は情報や知識を持っているので、
「書き漏れ」の少ない文面を作り、後悔する確率を下げることが出来ます。

【離婚公正証書作成の流れ】

① 離婚条件に合意する
② メモ用紙に離婚条件を書く
③ 公証役場に②メモ用紙を提出
④ 公証人がメモ用紙をもとに原稿を作る
⑤ 夫婦が原稿に署名と押印する
⑥ 離婚公正証書の完成

次に離婚公正証書は全国各地にある公証役場でしか作れないので、
離婚協議書に比べて、完成までの期間に時間がかかることになります。
(極端な話、離婚協議書は1日で完成させることも可能です。)

さらに公証役場手数料の支払いも生じるので、
離婚協議書に比べて、はるかに費用がかかることになります。
(費用の詳細はこちらをご覧下さい。)

ただ費用がかかる代わりに、大きな効力(メリット)を得ることが出来ます

次回は離婚協議書と公正証書の効力の違いについて解説させて頂きます。

【関連記事】
離婚協議書と公正証書の違い(効力編)
離婚公正証書があれば絶対に安心?
離婚条件は細かく決めた方が良い?
年内に離婚公正証書を完成させたい
スピード離婚の危険性

当事務所では離婚チェックシート(全63項目)の利用に加えて、
ヒアリングを積極的に行い、ご希望に沿った離婚公正証書と離婚協議書を作ります。

又、初回無料相談を実施しているのでお気軽にご利用下さい。 → 無料相談

離婚コラムの記事一覧はこちらをご覧下さい。

【離婚コラム 2016/11/07】