離婚の問題や疑問を解決するコラム

協議離婚と行政書士について

協議離婚に役立つ情報を発信

協議離婚と行政書士の関係についてお伝えします。

【行政書士の役割】

① 口約束で終える時は不要
② 書面に残す時は頼ることが出来る

協議離婚は夫婦間の話し合いをベースに進めるものなので、
離婚条件(養育費など)については、お互いが納得するまで話し続けます。

主な離婚条件として親権、養育費、面会交流などがあります。
子供以外の条件としては慰謝料、財産分与、年金分割などがあります。

Q「離婚条件の合意が出来た後は何をすべきですか?」

夫婦間で合意した離婚条件を口約束で終えると決めた場合、
何かモノが残る訳ではないので、行政書士が関われることはありません。

離婚条件の合意が出来たら離婚届の署名と押印をして、提出すれば終わりです。

一方、夫婦間で合意した離婚条件を書面に残すと決めた場合、
夫婦(自分達)で作ることも出来ますが、行政書士が作ることも出来ます。

書面とは離婚協議書、又は離婚公正証書を言います。
離婚公正証書は公証役場でしか作れないので、行政書士は原案作成となります。

Q「行政書士に依頼をするメリットはありますか?」

行政書士は離婚協議書や離婚公正証書に関する知識があるので、
夫婦で作る場合と比較して、質が高く内容の濃い書面を作ることが出来ます。

例えば夫婦で作った書面がA4サイズ1枚だとしたら、
当事務所では修正などを加えて、平均2~3枚程度のボリュームになります。
(※ 詳しくは離婚協議書と離婚公正証書の文例と書き方をご覧下さい。)

離婚協議書や離婚公正証書の枚数が増えるということは、
単純に合意した離婚条件が多いので、離婚後のトラブル率減少に繋がります。

Q「どの行政書士に依頼をしても結果は同じですか?」

この質問の回答は難しいですが、結果が変わる可能性は高いです。
なぜなら各行政書士によって専門分野、能力、経験値、相性に差があるからです。
(例 当事務所に遺言の相談を頂いた場合は能力がないのでお断りしています。)

こういう訳で報酬額だけではなく、様々な要素を考慮して依頼を決めて下さい。
(※ 報酬の金額は重要な要素ですが、その他の要素との比較検討は重要です。)

Q「どうやって相性のよい行政書士を見つけたらいいですか?」

この質問の回答は簡単です。無料相談を積極的に利用して、
正式な依頼の前に様々な相談をすれば、相性のよい行政書士に出会えます。

補足として、当事務所に無料の相談を頂いた場合は、
相談後、DMや電話など営業行為は一切行わないのでお気軽にご利用下さい。
(※ 相談時に無理に依頼を勧めるような行為もしません。)

最後に協議離婚で大切なことは夫婦間で話し尽くすことなので、
様々な葛藤が起きますが、妥協せず諦めないことが大切だと覚えておいて下さい。
(終わり)

離婚の疑問を解決するコラムの目次はこちらにあります。
現在60本のコラムがあり数分で読めるので、是非ご覧下さい。

【関連ページ】
協議離婚の進め方と成立期間や条件
子供の親権は父親と母親どちらが取るのか
養育費と公正証書の書き方
面会交流と公正証書の文例
離婚慰謝料と公正証書の書き方
離婚の財産分与と住宅ローンの関係
年金分割合意書の書式

離婚協議書や離婚公正証書の詳細はこちらを見て頂ければ、理解が深まります。

当事務所では離婚チェックシート(全63項目)を利用すると同時に、
十分なヒアリングを通して、離婚協議書や離婚公正証書を作成しております。
又、無料相談も実施しているのでお気軽にご利用下さい。